エクアドルやまやま話~大雪山のふもとへお引越

mizzymizzy.exblog.jp
ブログトップ

通信を書く

日本にいたとき、
学級通信をせっせと書いていたことを思いだし、
ここエクアドルでも始めてみることにした。
初めての通信は手書きだった。
そして2度目は5月5日の授業を取り上げた。
写真つきでwordで記入した通信。見栄えはup。
まさに日本で書いていた学年通信そのまま。
学級の活動の様子や日本の文化の紹介、そして折り紙を用いた意図。
つたないスペイン語で書いた。
添削は教育事務所のおじさまや
校長室に事務補佐(秘書)として働いている若干18歳のかわいいお嬢さん。
号ごとに、きっと文が若くなったり格調高くなったりしているに違いないが、
いい。
研修会をすべきかとも思ったけど、
まずは日々の事柄をひとつひとつ伝えて行こうと思った。
今回の第2号の写真つきは、なかなか評判がよかった。
勤務している学校の同僚や児童が取り上げられていることで身近。
そしてちょっと新聞っぽいのがので載ると誇らしいらしい。
他のクラスの子が、
「撮って写真!!そして載せて載せて!」
と声をかけてきた。
写真を載せるのが目的じゃないけれど、
撮ること、記事を書くことを通して、
その学級や授業のよさを見つけようという姿勢に自分がなれる。
それがとてもよい。
自分の原点から、
突破口を見つけられてよかった。
[PR]
by mizuho_mizzy | 2010-05-08 11:21