エクアドルやまやま話~大雪山のふもとへお引越

mizzymizzy.exblog.jp
ブログトップ

パソコンが海外で壊れたら①

首都へいって参りました!
健康診断、中間活動報告会のためです。
ですが、私にはもう一つ大きな目的が。
「パソコンをエクアドルで購入したら?」
PCインストラクターの友人からのアドバイスを参考に探しました。
ここからは素人が記入しているので、
多少の誤りは許してくださいね。
メモリーが2GB、ハードディスクが250MBのhpのパソコン(DVDは見られません)
ちっちゃいけど、かわいい。モバイルパソコンです。
587USドル(現金払い) 600USドル(カード)
windows7です。オフィスは入っているのかなあ。パワーポイントはなし。
私の仕事程度ならこれで、なんとかしのげそうです。

1300USドル払えば、パワーポイントは入っていないけれど、15インチの立派なノートが手に入ります。オフィスも入っています。

windows7は結構重要ポイントで、
日本語で打てるようにできるみたいです。
xpでもできるんですが、ものによってはそうした機能がついていないそうな。

エクアドルは関税がとてもかかります。25%ぐらいかな。
なので外国製品はとても高いのです。
日本で購入する方が安い!しかし、日本から海外へ殿下製品を送ってもらうと、これまた同額の関税がかかる。
私たちは公務できているので、大使館で関税免除の手続きをしていただけるのですが、
それにかかる期間が2ヶ月位。またその2ヶ月の間に法が変わって(ころころ変わります)、
関税が免除できなくなるかもしれない。

というわけで、現地で購入し日本語で打てるようにする。と言う方法がひとつでてきました。
[PR]
by mizuho_mizzy | 2010-01-28 10:06