エクアドルやまやま話~大雪山のふもとへお引越

mizzymizzy.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

グアヤキルで骨休め

エクアドル最大の都市、グアヤキルで骨休め。
といっても観光はしない。
グアヤキル在住の仲間のお宅にいそうろうして、
ひたすらDVDを見たり、お茶を飲んだり、
読書したり、ネットしたり。
ひきこもり。
私はどうにも動きっぱなしと言うのが苦手らしい。
ホテルばっかりというのも、もしかしたらダメかも。
他人の家であっても、「家」が好きだ。
なので、こうしてご厚意に甘えてときどき「家」滞在を楽しむ。
疲れが一気にとれていく。
緊張もゆるむ。
「家」パワーはすごいな。

その骨休めも今回はちょっと短めに、今日からシエラ地方へ飛ぶ。
クエンカ、キト、そしてアンデスの山々へ。
高山病対策をしなきゃ。

ガラパゴス、コスタ地方に別れを告げ、出発。
寒そうだなあ。
[PR]
by mizuho_mizzy | 2010-07-27 23:49 | バカシオネス

ガラパゴス後編

サンタクルスに戻ってから。
バルトロメ島に行く。
有名なガラパゴスの景色の写真が撮れるのだ。
そしてペンギンと泳げる、というシュノーケリングがついてくる。
残念ながら、私は会えなかったけど、アシカとかなり遊べた。
大満足!!
船で移動している間に、
トビウオを見たり、エイがひらひらと鯨のようにジャンプして、海面を飛ぶのを見た。
はじめは何かわからなかったが、「エイ」だった。
かなり、興奮。

また、世界中を旅しながら、ダイビングショップで働いているという日本人女性と知り合えた。
彼女はダイビングインストラクター。
ダイブマスターの人を指導できるすごい人だ。
OWの私からすると神様。

神様とご飯を一緒にしながら、何度かダイビングの知識をリフレッシュすることができた。
すごーくありがたかった。
今は悲しいペーパーダイバーとなっているので、いつか神様と「どこかの海で泳ごうね!」と約束する。楽しみだ!!

また、ツアーに参加すると世界中から来たお客さんと出会える。
スペイン語の話せるお客さんなら、かなり楽しいが、英語のみだと、ちょっとせつない。
英語も話せるようになりたいな~と、
欲が出てきちゃう、ガラパゴスだ。

2、3日間ツアーに参加して、1日休む、というパターンでガラパゴスを旅した。
まあ、ちょっと忙しいけど、いいペースだった。

見たいもの全部見られて、大満足の旅だった。

いろんな人にお世話になった。
感謝。

明日、ガラパゴスとお別れ。さびしいなあ!

インストラクターの彼女が撮った、ガラパゴスの海。
動物パラダイス!!

f0204721_212775.jpg
f0204721_2122547.jpg

f0204721_213045.jpg

f0204721_2131969.jpg

[PR]
by mizuho_mizzy | 2010-07-25 08:26 | バカシオネス

ガラパゴス前編

7月10日よりガラパゴス諸島入り。
サンクリストバル島ではガラパゴスオオグンカンドリの「水飲み」と「羽の水洗い」をエルフンコという山の湖で偶然目撃できた。2m近いグンカンドリがばっさばっさと霧の濃い湖に突入していく様子は、翼竜が飛び交う時代にタイムスリップしたみたいだった。午後はLas Tigeletasという浜でアシカと泳ぐ。子供を育てるコロニーがたくさんあるらしく、たくさんのアシカが目の前に。人間を全く恐れず、むしろからかうようにせまってくる。何でしょう?この世界。すごいすごい。水も透明で最高だった。たいそう冷たかったのが残念!1,2月にくるべきかな。やっぱり。

アシカ天国のサンクリストバルを2泊3日で出て、サンタクルス島へ。
ここではツアーがメイン。フロレアナ島にいく。ペンギンとゾウガメ、ウミガメとであう。しかし、船酔いにやられる。そして、寒い!帰りの船で吐く、そして夜に発熱。
翌日には元気になったからよかった~。
サンタクルス島のランドツアーではメキシコからやってきたSちゃん(日本人)と探検気分を味わう。洞窟はかなりドキドキした。真っ暗であんなせまいところをくぐれというのだから…。ガイドなしでいくと、よけいにスリル満点だ。ゾウガメの保護区では野生に近い状態のゾウガメを見られて、かなり癒された。動物園みたいにエサを与えられている姿ばっかり見るのは辛い。

3泊4日でイサベラ島に出かける。
ボルカンチコは「いかなくてもいい。」という評判だった。なぜなら行程が辛いから…。
馬に乗って登る少しでも楽なツアーは「危険なのでなし」になったらしく、35ドルで徒歩で登ることに。確かに辛い。長靴を借りてよかった。情報、ありがとう。Cちゃん。ホント、役立ってます。
でも往復5時間の山登りは、頂上で疲れが吹っ飛ぶすがすがしさ。
まるで火星のような景色をおがめる。そして、黒い熔岩地帯を越えると広々としたイサベラ島の緑の森と青い海の景色。
「いったほうかいい」と思う。でも、足腰が元気なうちに。そして、長靴を忘れずに。
2ドルで借りれるらしいけど、私は4ドル払いました。値切り忘れ(苦笑)。
でも4ドルの価値はあったので、大満足だ!

翌日はシュノーケリング!
Las Tintorerasツアーに参加。これ、最高!
移動時間が短く、すぐに動物と出会える。すぐにペンギンのコロニーもある!
朝10時出発で計画もよかった。
始めは島に上陸。イグアナやサメ、アシカを観察。その後すぐシュノーケリング。

はじめは島の名前の由来になったサメTintoreraを見に、熔岩でできたサメの巣へ。
うようよ。真下に。50cmぐらい真下にうようよ。
恐怖で足ひれを動かすのもびくびく。
でも人は襲いません。
つぎに大きな魚の群れ。綺麗だった~。いろいろな種類の大型の魚を見る事が出来ます。
ドラム缶のようなエイもじっと眠っていたりして。でっかい。はじめ沈没船の一部かと思った。生き物だった。かぶと型の頭がどーんっと…。すごい迫力。小さいエイはふよふよとあたりを泳いでます。アシカともかなりたっぷりと触れ合えて、大満足。
帰りはほぼ埠頭まで自力で泳いできた感じ。それぐらい、岸に近い所で楽しめた。
3泊したけど、のんびりするには一番いい島かもしれない。
自然とゆったりした空気は存分に味わえる。

そして今日でガラパゴス生活10日目!
サンタクルスに戻ってきた。
ロンサムジョージとあって、ゆったりして、
さあ、明日から何しようかな。

休暇、満喫中です。ちょっと、寒いガラパだけどね。
[PR]
by mizuho_mizzy | 2010-07-20 02:12 | バカシオネス

プエルトロペス

プエルトロペスでクジラを見る。
2,3頭の群れが何度もジャンプ。尾っぽも何度も見ることができた。
今まで見たホエールウォッチングでナンバー1かもしれない。

その後イスラデルプラタへ。
アカアシカツオドリを見ることができた。
ちょっとめずらしいのだ。
とってもラッキー!!

証明カードを忘れて、外国人料金で入島したので、ちょっと高かったけど、
(外国人15ドル、エクアドル人3ドル)+ツアー35から40ドル
楽しかったので、満足である。
[PR]
by mizuho_mizzy | 2010-07-11 00:28 | バカシオネス